トピックス

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療

鎌ケ谷総合病院泌尿器科では、がん治療三本柱の『手術療法』『化学療法』『放射線療法』の充実を図り、より良いがん治療環境の整備を進めております。2012年には当院のがんの手術を世界水準に引き上げるべく、高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像と、人間の手の動きを正確に再現可能な低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とする手術支援ロボット『da Vinci S HD(ダヴィンチ エス エイチディー)』を千葉県内でもいち早く導入し、前立腺がんの治療を開始しました。2012年9月の運用開始から2018年末までの当院のダヴィンチによる前立腺がんの手術件数は407件に上ります。2018年秋には最新型のDa Vinc Xi(ダビンチエックスアイ)を新たに導入。現在もダヴィンチを活用した前立腺がん治療を提供しています。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療2
低侵襲手術支援ロボット
da Vinci(ダヴィンチ)サージカルシステム

ダヴィンチは「つかむ」「切る」といった動作を行うための専用の鉗子(鉗子)と、3Dハイビジョンカメラを装着するロボットアームからなるペイシェントカート、医師がペイシェントカートを操作するためのサージョンコンソール、術者以外の医療スタッフが手術のサポートを行うためのモニターを装備したビジョンカートの3つで構成されています。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療3

①サージョンコンソール

医師の指先でありメスとなる鉗子と手術部位を見渡すための内視鏡カメラを装着し、人の手のように手ぶれをすることのない精密な動作で切る、つかむといった手術操作が可能です。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療4

②ペイシェントカート

術者はこのサージョンコンソールで明るく、自由に拡大できる立体的な映像で手術部位を見渡しながら、コントローラーとペダルでペイシェントカートを操ります。

③ビジョンカート

医療スタッフや術者が見ている光景と同様の映像を見ながらサポートを行います。

da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん手術の利点

ダヴィンチによる前立腺がんの手術は従来の開腹手術と比べて次のような利点があります。

  1. 手術に伴う傷が小さいため術後の痛みの軽減が期待できる
  2. 術後の回復が早い傾向にある(術後の歩行開始や水分~食事開始が早い)
  3. 手術中の出血量が少ない
  4. 術後合併症の軽減が期待できる
  5. がんの治療成績が従来の回復手術と同等かやや良好
da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん手術

前立腺は男性にのみ備わるクルミ大の臓器で、膀胱の下に尿道を取り囲むように存在しています。近年、この前立腺ががんに侵される『前立腺がん』が増加傾向にあります。この病気の約90%が60歳以上であるため、中高齢者が気を付けるべき病気の一つです。前立腺がんの治療方法の一つ『前立腺全摘除術』では、前立腺と精嚢を手術によって切除することになります。従来はお腹を切開して手術を行っていましたが、ダヴィンチによる手術ではお腹に8~12mm程度の切開を6ヵ所行い、そこからロボットアームに装着した3D内視鏡カメラと『つかむ』『切る』といった医師の指先やメスの機能を持つ様々な種類の鉗子を挿入して手術を行います。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療5
低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療6

お腹にロボットアームに装着した3D内視鏡カメラや鉗子を挿入。術者はこの装置を操作して手術を行います。
※写真は説明用イメージです。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療7

写真は実際に器具を挿入したお腹の状態です。炭酸ガスを注入することでお腹を膨らませ、視野と手術操作に必要な空間を確保しています。

術者はサージョンコンソールという3Dビジョンモニターと鉗子(ロボットアーム)を操作するコントローラーを備えるサージョンコンソールとうう装置で『明るく自由に拡大できる奥行きのある立体的な映像』を見ながら『人の手を遥かに凌ぐ可動域と繊細な動作が可能な鉗子』で手術を行います。前立腺は奥まった狭い場所にあるため、それらの機能が手術の正確性に大きく寄与します。手術の所要時間は患者様の状態によって異なりますが、麻酔にかかる時間を含め概ね4時間程度で、入院期間は平均8~10日程度です。

低侵襲手術支援ロボット da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん治療8
da Vinci(ダヴィンチ)による前立腺がん全摘除術の合併症
    
手術中の合併症
<出血>
出血はどの様な手術でも共通する合併症です。ダヴィンチによる前立腺全摘除術においては、輸血が必用となる出血が起る頻度は5%未満とされています。
<直腸等の腸管の損傷>
前立腺周囲の炎症が強い場合や、癌が浸潤している場合は稀に剥離中に直腸などの腸管を損傷することがあります。損傷が小さければ1週間程度の絶食で治癒しますが、損傷が大きい場合は一時的な人工肛門造設が必要になります。
<ガス塞栓>
ダヴィンチや腹腔鏡での手術では、お腹に二酸化炭素(炭酸ガス)を充填して手術に必要な空間を確保します。二酸化炭素(炭酸ガス)を充填した際に二酸化炭素が大量に血液中に入り込んで肺の末梢血管が詰まって呼吸障害を起こす合併症です。状態が良くなるまで人工呼吸器による呼吸管理が必用となりますが、重篤なものは稀です。
<開腹手術への移行>
癒着や危険な出血、その他の合併症で安全性の確保が困難であると判断した際は開腹手術に移行します。
    
手術後の合併症
<尿漏れ>
膀胱と尿道の吻合部(ふんごう/つなぎ目)から骨盤内に尿が漏れることがあります。吻合部が問題なく癒着するまでの間、ドレーンや尿道カテーテルを留置して対処します。
<静脈塞栓>
エコノミークラス症候群とも言われます。長時間同じ姿勢をとり続けることで静脈内(特に下肢)の血が固まって血栓ができます。血栓が血管を伝わって肺の血管まで飛んで肺の血管を詰まらせると肺塞栓を起こします。頻度は極めて低いのですが、重症の場合は死亡する危険性もあるため、弾性ストッキングを装着するとともに、下肢にポンプを装着するなどして血が固まるのを予防します。静脈塞栓が疑われた場合は、血栓を溶かす薬を投与します。
<皮下気腫>
ダヴィンチや腹腔鏡での手術では、お腹に二酸化炭素(炭酸ガス)を充填して手術に必要な空間を確保します。その際に使用した二酸化炭素が皮膚の下にたまって不快感を感じることがありますが、殆どの場合数日で自然吸収されます。
<感染症>
ダヴィンチによる手術は術後に手術に伴う傷が少ないため細菌感染の頻度は少ない傾向にありますが、感染を起こした場合は抗菌薬の使用など、状態にあった治療を行います。
<腹膜炎>
手術で腸を損傷した場合、腹膜炎になり再手術となる場合があります。
    
退院後の合併症
<尿失禁(尿漏れ)>
多くの場合、手術を受けた方は尿道括約筋の動きが一時的に低下するため尿失禁(尿漏れを)を起こします。手術直後は尿失禁の症状が強く出ますが、徐々に回復して一年後には約90%の方が問題ないレベルに回復します。
<腸閉塞>
手術後に腸が癒着して再手術となることがあります。
<膀胱と尿道の吻合部(ふんごう/つなぎ目)の狭窄>
膀胱と尿道の吻合部(ふんごう/つなぎ目)が狭くなって排尿障害になることがあります。高度な狭窄を認めた場合は内視鏡的な処置が必用になります。
<創ヘルニア(脱腸)>
手術によって緩んだ筋膜から皮膚のすぐ下まで腸が出てくる所謂「脱腸」になる場合があります。
このページのトップへ