トピックス

ロボット支援システムダヴィンチ

  • 前立腺がん
  • 前立腺肥大症
  • 尿路結石の治療について
  • 泌尿器科医師紹介
  • 泌尿器科手術件数

手術支援ロボットダヴィンチによる前立腺がん手術

ロボット支援手術システム“ダヴィンチ”とは?

ロボット支援手術システム全景ダヴィンチは90年代にアメリカで開発された手術支援ロボットで、99年には臨床用医療機器としてアメリカの医療機関を中心に各国の医療機関で運用が開始されました。

日本国内においては2009年に医療機器としての承認を受けて国内医療機関での運用が始まり、2012年4月には前立腺がんの全摘出手術が保険適用となった事で、ダヴィンチを使用した手術治療は、がんの新たな治療法として注目を集めています。

ダヴィンチには、術者の指先となる鉗子(かんし)やメスを装着する3本のロボットアームと、1本の内視鏡カメラを備えた「ペイシェントカート」部と、それらの操作を行う「サージョンコンソール」、手術助手や医療スタッフ用の補助モニター「ビジョンカート」の3つの機械で構成されています。

ダヴィンチの構成その1 サージョンコンソール

サージョンコンソールは、ロボットアームの着いたペイシェントカートを操作する為の装置です。術者は自由に拡大できる高解像度3次元立体画像を見ながらロボットアームを操り、手術を行います。

ダヴィンチの構成その2 ペイシェントカート

ペイシェントカートには鉗子を装着する三本のアームと1台のカメラが備わっており、術者の操作に合わせて動きます。アームに取り付ける鉗子は医師の手の動きを忠実・精密に再現するために、様々な形状が存在します。

ダヴィンチの構成その3 ビジョンカート

その名の通りモニターが付いたカートです。ダヴィンチを直接操作している術者以外の医療スタッフは、ビジョンカートのモニターを見ながら手術のサポートを行います。

このページのトップへ