回復期リハビリテーション

外来の方へのご案内

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 入院のご案内
  • 人間ドック・各種検診・予防接種(15歳以上)のご案内

当院で働きたい方

  • 医師採用情報
  • 後期研修医採用情報
  • 看護師採用情報
  • 平成23年度病院スタッフ募集

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟から皆様へ

院長 山本 穰司 このたび当院でも回復期リハビリテーション病棟を開設する運びとなりました。病棟責任者であります脳神経外科専門医・リハビリテーション認定臨床医の杉本と申します。
三十数年の脳神経外科としてのキャリアから、急性期を過ぎた患者さんの回復はご自身の努力とご家族の支援・励ましそして周囲の環境(リハビリを含む)による関与が大きいと実感しておりました。
今後は脳疾患・脊髄疾患をはじめ、運動器疾患等整形外科領域の急性期治療を終えられた患者さんおよび内科的疾患を含む廃用症候群の患者さんを中心に回復期リハビリテーション治療を行って参ります。そして、患者さんの早期家庭内復帰・早期社会復帰を目指し、一人ひとりに合わせた連続性あるリハビリと定期的カンファレンス(討議)により退院後生活にスムースに移行できるように、医師、看護師、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語療法士)、MSW(医療ソーシャルワーカー)がチームとなって治療に真摯に取り組む所存です。私共でお役に立てる事がございましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

回復期リハビリテーション科 部長 杉本 耕一

リハビリ リハビリ

患者さまへ~回復期リハビリテーション病棟について~

ご存じですか?回復期リハビリテーション
それはこれからの医療に必要不可欠なこと

回復期リハビリテーション病棟は『脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的心理的なサポートが必要な患者さま』に対して、寝たきりにならないよう、多くの専門職が『起きる』『食べる』『歩く』『トイレへ行く』『お風呂に入る』などの日常生活動作(ADL)への積極的な働きかけと、集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

ただ、回復期リハビリテーション病棟は病名や病気・怪我を発祥してから入院するまでの期間などが決められており、希望すればどなたでも入院できる訳ではありません。(詳細は下記表をご覧下さい)

他の医療機関で治療中(入院中)の方が転院を希望される場合、または当院で治療中の場合も医療機関担当者間での手続きが必要となりますので、まずはかかりつけ医療機関の医師やソーシャルワーカーにご相談下さい。

疾患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日
医療機関の皆様へ

※以下は医療機関ご担当さまへのメッセージになります。現在当院含む何れかの医療機関で治療中の患者で当院回復期リハビリテーション病棟への転院をご希望の方は、主治医や医療相談員等の担当者とご相談下さい。

回復期リハビリテーション病棟への入院(転院)や、お問合せがございましたらまずは下記の病院代表番号にお電話頂き『回復期リハビリテーション病棟の転院』もしくは『回復期リハビリテーション病棟の問合せ』である旨をお伝え下さい。

※お電話の際は回復期リハの問合せである旨をお伝え下さい。

お電話を頂いた後に『入院申込書』『診療情報提供書』『看護サマリー』『直近の採血データ等を』をFAXでお送り頂きます。入院申込書は本ページでダウンロードして頂けますのでご活用下さい。また、お手続きの流れとFAX送信先、お問合せ先は次のチャートをご覧下さい。

転院