トピックス

緩和ケア病棟 なごみ

  • 緩和ケアの考え方と理念
  • 緩和ケア病棟なごみフロアガイド
  • 入院までの流れ お手続きについて
  • 担当医師紹介

緩和ケア病棟 なごみ

緩和ケア病棟なごみへの入棟までの流れ

緩和ケア病棟なごみへの入棟をご希望される患者さまには、まず初めに完全予約制の緩和ケア担当医の外来を受診して頂き、患者さまの状態をチェックすると共に今後の方針について担当医師とお話して頂きます。
この外来の申込手順は「現在入院中で、当院の緩和ケア病棟への転院をご希望の場合」と「在宅療養中の方が当院の緩和ケア病棟への入棟をご希望の場合」で異なりますので、下記を参考にお手続き下さい。

医療機関に入院中の患者さまが転院を希望される場合

基本的に医療機関間でのお手続きになります。
治療方針等を主治医とよくご相談の上で、当院緩和ケア病棟への転院を希望している旨をお伝え下さい。

医療機関の方へ

鎌ケ谷総合病院 緩和ケア病棟なごみへの転院の際は、はじめに「緩和ケア担当医の外来」の受診をお願いしております。転院をご希望される際は、ご担当部署の方が下記手順でお手続き下さいますようお願い申し上げます。尚、予約センター担当に『現在入院中の患者であること』を必ずお伝え下さい。

他院入院中の方の緩和ケア病棟入棟手順

在宅療養中の患者さまが入棟を希望される場合

在宅療養中の患者さまが緩和ケア病棟への入棟をご希望の場合は、かかりつけ医療機関で紹介状(診療情報提供書)や関係する検査結果等を発行した上で予約センターにお電話頂き、緩和ケア担当医の外来予約を行って下さい。
※お電話口で「緩和ケア外来の受診を希望していること」「現在は在宅療養中であること」を必ずお伝え下さい。

在宅療養中の方の緩和ケア病棟入棟手順

入退棟基準について
入棟基準
  1. がんに対する積極的治療(化学療法・放射線療法)を終了、もしくは一時中断していること。
  2. がんによる身体的・精神的な苦痛があり、医師が入院での緩和ケアが必要と判断していること。
  3. 患者さま本人が自分の病名・病状を理解し、自らの意思や希望を伝えられることが望ましい。
  4. 入院後に、患者さまから病名・病状を知りたいと希望があり、医療者が伝える必要があると判断した場合には、本人に対して適切な病名・病状の説明をすることをご家族が了承していること。
  5. 患者さまおよびご家族が、当緩和ケア病棟の方針や条件を理解・了承したうえで入院を希望されていること。
  6. 当緩和ケア病棟を退院され、在宅療養中の患者さまのご家族がレスパイト入院を希望されている場合。

※レスパイト入院…介護者の休息を目的とした短期間の入院。原則は1週間以内で有料個室

退棟基準
  1. 苦痛症状が緩和され、病状が安定したとき。
  2. 患者さまおよびご家族が、退院を希望されている。
  3. がんに対する積極的な治療の再開を希望されている。
  4. がん以外の病気の治療を優先させる必要がある。
  5. 認知症や精神疾患により、徘徊、奇声、暴力行為など他の患者さまの迷惑となる言動が続いたとき。