各診療科案内

整形外科・リウマチ科

  • 関節リウマチについて
  • 自家培養軟骨移植による膝関節の治療を開始
  • 膝関節疾患~膝の痛みについて~
  • 股関節疾患~股関節の痛み、違和感の原因は~
  • 人工関節とは?〜質の高い人工関節置換術を行うために〜
  • 人工関節置換術 手術治療の紹介
  • 新しい概念の人工肩関節~リバース型人工肩関節~
  • 脊椎疾患~背骨と神経、脊髄の病気~
  • 高齢者の骨折について
  • 術後のリハビリについて
  • 手術件数のご紹介
  • 医師紹介
  • 論文掲載一覧

人工関節とは?〜質の高い人工関節置換術を行うために〜

人工関節とは?

人工関節はその名の通り、金属やセラミックなどで人工的に作られた関節です。
変形性関節症や関節リウマチなどの疾患で、関節本来の機能が損なわれると関節が動く度に痛みを感じたり、動かす事が困難になったりと、日常生活に支障をきたしてしてしまいます。
その様な場合は、関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える事で痛みや機能の改善を図ります。

人工関節は膝、股関節、肩、指などの様々な部位に応じた形状を有しており病気になった部位に応じて「人工関節置換術」を施します。

人工関節置換術の目的と効果

人工関節手術の最大の目的は、上記の通り「痛みからの解放」「関節の機能再建」です。

健康な関節を「再生」するわけではなく、あくまで「再建」なので、関節の状態が完全に元通りになるわけではありませんが、患者さんの身体能力によっては歩行や階段の上り下り、水泳、ウォーキングなどの軽度の運動もできるようになります。

人工関節の寿命

人工関節についての質問で多いのが、人工関節の寿命についてです。
関節は日常動作でも稼働する事の多い部位ですから、患者さんの体重などの身体的条件、活動量など、様々な要素によって影響されますが、人工関節自体の寿命は一般的に15年から20年程度と言われています。

先にも述べたように、患者さんによって人工関節の寿命が変わってきますので主治医とよく相談し、定期的な受診をお勧めします。

手術の適応

人工関節手術の適応となる症状は下記の通りです。

  1. 保存的な治療方法では痛みの改善がみられない場合
  2. 関節の変形や破壊により関節本来の機能が損なわれている場合
  3. 関節の痛みが日常生活に支障をきたしている場合

質の高い人工関節置換術を行うために

関節の痛みに苦しむ方々に対して、より質の高い人工関節手術を提供するために私達が取り組んでいる事をご紹介します。

3Dテンプレート

術前には3Dテンプレートというソフトを使用して確実な術前計画を立てます。
このソフトを使用することで、手術部位を正確に把握し、人工関節の設置位置をシミュレーションすることが可能になり、シミュレーションに合わせて手術治療を行うことによって手術の正確性が大きく向上します。

独自の機械でミリ単位の調整

質の高い治療を行うためには関節のバランスと人工関節を設置する角度がポイントになります。そのバランスを見る時は、独自に開発した装置を使用し、ミリ単位の調整を行います。
このこだわりが、5年、10年、20年後の関節の状態を左右することになるのです。

このページのトップへ