各科診療科案内

循環器科メニュー

大動脈瘤、大動脈解離の手術療法

大動脈瘤・大動脈解離

大動脈瘤

大動脈瘤とはその字の通り、動脈が拡大(ふくれてくる)してきて、こぶのようになった状態を指します。原因としては、動脈硬化、弁膜症の影響、高血圧、大動脈壁の弱い(体質、遺伝疾患等)、リウマチ、梅毒、その他の感染、大動脈解離等があります。拡大がひどくなると(瘤の形や患者さんの状態にもよりますが、胸では直径6cm以上お腹では直径5cm以上を目安としています。)破裂の危険があるため手術が必要です。
大動脈瘤は、もし破裂したらその死亡率は非常に高く、80〜90%にも上るといわれています。手術は拡大した大動脈を人工血管に取り替えたり、縫い縮める手術を行います。人工血管は化学繊維で織った布を筒状に加工して作られています。

大動脈解離

大動脈の血管の壁は、3層の膜によって構成されていますが、動脈硬化や遺伝性の病気などで動脈の壁が弱くなってしまったり、外傷等の物理的な損傷等によって、その膜の間がはがれて裂けてしまう病気です。血管の内側の壁がはがれてしまうと、臓器への血液の通り道がふさがれてしまい、様々な障害を引き起こします。手術は、裂けてしまった場所の血管を人工血管に取り替えます

このページのトップへ