各科診療科案内

循環器科メニュー

冠動脈バイパス術

冠動脈バイパス術

心臓には右心室、右心房、左心室、左心房の4つの部屋があり、静脈から戻ってきた血液が右心房に戻り、右心室、肺動脈、肺静脈、左心房、左心室、大動脈の順番に血液を送り出します。この流れを正常に行い、逆流を防ぐため、心臓の部屋には「弁」が備えられています。

この弁がリウマチや先天性疾患、感染、心筋梗塞、心筋症、加齢などが原因でうまく動かなくなる病気を『弁膜症』といいます。
※きちんと閉じない場合→逆流や漏れを生じる(閉鎖不全症)
※きちんと開かない場合→それぞれの部屋を通るために余分な力が必要となる(狭窄症)

弁膜症は急に発症する場合と、ゆっくり時間をかけて発症する場合があります。特に気を付けたいのが前者の場合で、自覚症状が乏しいため、なかなか気付かない事もありますが、放置したままだと心臓に負担がかかり、心臓の動きが悪くなったり、不整脈を引き起こしたりする場合もあります。

いずれの場合も、調子の悪くなった弁を『機械弁』や『生体弁』といった人工弁に置き換える『弁置換術』を行うか、自身の弁を修復する『弁形成術(主に僧帽弁に対して行われます)』で機能再建を図ります。

このページのトップへ