各科診療科案内

循環器科メニュー

冠動脈バイパス術

心臓が動くために必要なエネルギーを供給する『冠動脈』が狭窄や閉塞を起こす狭心症や心筋梗塞。この病気の治療方法の一つに『冠動脈バイパス術』という治療法があります。
冠動脈バイパス術は、狭窄した動脈の代わりに、自身の胸や足などから採取した血管で病変部を迂回するバイパス管を作り、狭窄した動脈より先に接続する事で血流を確保する治療方法です。当院では、患者さまの身体的負担を軽減するために、人工心肺装置を使用せず、心臓を止めないで行う心拍動下手術(オフポンプバイパス手術)での手術を主に行っておりますが、状況によっては人工心肺装置を使用した手術となる場合もあります。

オフポンプバイパス手術の長所と短所

近年、冠動脈バイパス術を行う際に人工心肺装置を使わない『オフポンプバイパス手術』が普及してきました。
この手術の長所としては下記が挙げられます。

当院では、なるべく多くの方にこの方法で手術をしたいと考えていますが、患者さまの状態など、様々な理由で必ずしも全ての患者さまに心拍動下手術が出来るわけではありません。また、次のような短所もあります。

カテーテル治療との住み分け

冠動脈の閉塞や狭窄の治療方法には、薬で治療、カテーテル治療、バイパス手術の3つがあります。治療の際は、患者さまの状態に最適な治療法を選択して治療を行います。当院では主に次の場合には冠動脈バイパス手術を選択します。

このページのトップへ