各科診療科案内

循環器科メニュー

日帰り検査も可能 心臓カテーテル検査

狭心症や心筋梗塞が疑われる場合は、「心臓カテーテル検査」を行います。
この検査では、カテーテルという細い管を、手首や足の付け根の動脈から心臓(冠動脈)まで通し、カテーテルの先端から造影剤(映像にコントラストをつけて組織の様子が解り易くなる薬)を注入することで、冠動脈の狭窄や閉塞の度合いを調べます。

カテーテル検査

カテーテルをこの様に通します。当院では負担の少ない手首からのカテーテル検査を第一選択としています。

造影剤を注入

造影剤を注入すると冠動脈の状態を正確に把握する事ができます。

血管内からの検査や治療はカテーテル室で行います。

術者はモニターで冠動脈の様子を確認し、異常の有無を調べます。

日帰り検査も

「血管内に管を通す」と聞くとびっくりされる方も多いかもしれませんが、非常に高い精度を誇るため、循環器科では日常的に行われている検査方法の一つです。
当院のように手首からのカテーテル検査を行った場合は、日帰りでのカテーテル検査も可能です。ただし、患者さまの状態によっては、安全性を考慮して足の付け根の太い動脈からのカテーテル検査を行う場合もあります。どちらを選択するかは専門医にお任せ下さい。

このページのトップへ