各科診療科案内

循環器科メニュー

心臓カテーテル治療

心筋梗塞・狭心症の治療 心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)

心臓に血液を送る血管「冠動脈」が完全に詰まる「心筋梗塞」や、冠動脈が細くなる「狭心症」。前者は直ちに治療しなければ命にかかわる重大な病気ですし、後者も適切な検査と治療が必要不可欠なリスクの高い循環器疾患です。
これらの循環器疾患は、カテーテルという細い管を手首や足の付け根の動脈から挿入し、閉塞・狭窄を起こした冠動脈を治療する 「心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)」によって治療を行います。

当院での心臓カテーテル治療・検査は、基本的に手首からカテーテルを挿入して治療を行う「transradial coronary intervention」という治療方法を第一選択としています。
手首からのカテーテル治療は、身体的負担が軽微で済むため、入院期間の短縮が期待できるほか、穿刺部(カテーテルの入口となった場所)の痛みの軽減や、術後早期のトイレ歩行が可能といったメリットがあります。ただし、動脈硬化の影響などで腕の血管が細く、脆くなっている方に対しては、安全性を考慮して足の付け根の太い血管から カテーテルを挿入して治療を行いますので、治療の際は主治医と良くご相談下さい。

カテーテル治療現場のご紹介と治療例

カテーテル治療はX線アンギオグラフィが設置されている血管造影室で行います。
術者はモニターに映し出される透視映像を見ながら治療を行います。

カテーテル治療

狭窄や閉塞を起こした冠動脈は、バルーン(写真左)やステント(写真右)で血管を広げて血流を確保します。

バルーン(写真左)やステント(写真右)

このページのトップへ