各科診療科案内

循環器科メニュー

検査の解説

自身の状態を知る~心臓血管センターで行う主な検査

鎌ケ谷総合病院 循環器科では「精度の高さ」「患者さまの負担軽減」の両立を目指して、日帰りでのカテーテル検査や320列CTによる画像診断を始めとした様々な検査を行っています。

  • 胸部レントゲン検査・心臓CT検査(画像診断)
  • ABI/PWV検査
  • 心臓超音波検査
  • 心電図検査
  • 血圧測定
  • 採血検査

胸部レントゲン検査・心臓CT検査(画像診断)

胸部レントゲン検査・心臓CT検査では、専用の機材で胸部を撮影、解析することで『心臓』『血管』『肺』の異常を調べます。

胸部レントゲン検査・心臓CT検査

当院では心臓の拍動や呼吸の影響を抑え、精度の高いデータ検出が可能な320列CTを導入しています。このCTは『撮影時間が短くて済む』『造影剤が必要な検査においても薬剤使用量が従来の1/2で済む』『被ばく量が従来の1/4に低減される』というメリットがあります。

320列CTと64列CTの撮影範囲と時間の比較

こちらの動画では320列CT、64列CTの撮影範囲と時間をそれぞれ比較しています。
注目すべきは右下の320列CTで心臓を撮影したイメージ映像です。320列CTは撮影範囲が広いため、心臓のように動きが早く、止める事ができない臓器を1回で撮影しています。
対して64列CTは撮影範囲が狭いため、心臓を撮影し終わるまでに何度か繰り返し撮影をしています。
これが画像の精度と撮影時間の差として現れるのです。

【64列CT】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

【320列CT】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

【64列CT】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

【320列CT】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのトップへ

ABI/PWVで動脈硬化を検査

ABIとPWV検査では、手と足の血圧の比較や脈波を解析することで、動脈硬化の度合いや、血管障害を検査します。

動脈硬化を検査

ABI検査

上腕と足首の血圧を測定し、その比率から血管の狭窄や閉塞の程度を調べる検査です。

PWV検査

両手両足それぞれにセンサーを装着し、心臓の拍動(脈波)が手足まで伝わる時間を計測し、動脈硬化の度合いを調べる検査です。

このページのトップへ

心臓超音波検査

心臓超音波検査では、心房や心室の大きさや壁の厚さ、動きを調べることで、心肥大や心拡張、心筋梗塞とその範囲などを検査します。 心臓超音波検査はCTやレントゲン検査とは異なり、動いている状態の心臓を検査する事ができる大切な検査なのです。

心臓超音波検査

このページのトップへ

心電図検査

心臓の拍動に伴って発生する電位変動を測定することで、心臓の動きや冠動脈の血流を調べる検査です。安静状態で計測する方法、運動している状態で計測する方法、日常生活中の様子を24時間計測する方法があり、患者さまの状態に合わせて使い分けます。

このページのトップへ

血圧測定と読み取り方

血圧を測定すると、いわゆる「上の血圧」「下の血圧」の2種類の血圧が表示されます。 上の血圧は「収縮期血圧(最大血圧)」といい、血圧が最大値となる心臓が収縮して血液を全身に送り出した際の血圧を指します。 対して下の血圧は「拡張期血圧(最小血圧)」といい、血圧が最小値となる心臓が拡張して、全身を循環する血液を心臓に戻した際の血圧を示します。 高血圧を放っておくと、動脈硬化が促進され、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などのリスクが高くなります。

正常域血圧
分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 < 120 かつ < 80
正常血圧 120-129 かつ/または 80-84
高血圧
分類 収縮期血圧 拡張期血圧
I 度高血圧 140-159 かつ/または 90-99
II 度高血圧 160-179 かつ/または 100-109
III 度高血圧 ≧180 かつ/または ≧ 110
このページのトップへ

採血検査

心不全を発症された方は、全身の血液循環が悪くなるため、様々な臓器に影響が現れます。素早く全身の状態を把握するための重要な検査・・・それが採血検査なのです。

このページのトップへ