各診療案内

外来の方へのご案内

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 入院のご案内
  • 人間ドック・各種検診・予防接種(15歳以上)のご案内

当院で働きたい方

  • 医師採用情報
  • 看護師採用情報
  • 平成23年度病院スタッフ募集

救急科

私たちの役割
━救急室を訪れるあらゆる患者さんに対応すること━

救急写真救急車で搬入される患者さん、夜間や休日など時間外で来院する患者さん、普通に受診したけれど具合の悪い患者さん・・患者さんが"救急!"と思えば救急です。当部署は、救急車で搬入される場合も、歩いてこられる場合も、その程度に左右されず、まず医師の診察を行い帰宅が可能か、各専門科に引継ぐべきかどうかを判断します。

現場を出発できない救急車・彷徨う救急車を出さないために
一人でも多くの患者さんを受け入れること

当院での救急診療範囲で対応し、その後どうしても専門診療が必要な患者さんには適切に次の医療へとバトンタッチすることです。当院では消防機関で使用される高規格救急車にさらに高度な医療機器を装備し、様々な医療施設への搬送が可能です。

患者さん中心として、医療機関や消防機関など、各専門科をはじめ多くの関連部門との調整を行っています。平成19年の9月開院より1年間で5,000台の救救急写真急車を受け入れています。平成20年9月以降は450台/月の救急車を受け入れ、今後より多くの救急患者を収容できるよう救急処置室、後方病床の整備も行っています。平成20年9月からは鎌ケ谷市消防本部の救急救命士の病院実習を受け入れ、地域救急医療のコーディネートの役割も担っています。

『いつでも、どこでも、誰にでも』

当院では救急医療を提供することに病院全体で取り組んでいます。それは、各専門科の協力・支援・指導や、看護師、検査技師、放射線技師、薬剤師の努力ばかりでなく、救急優先で運営される病院方針にあります。様々な医療機器に対応する臨床工学技師、汗を光らせ患者さんに対応する看護師、徹夜で救急の患者さんに応接する事務当直、配食に応える栄養科など、すべての職員によって救急医療体制が築かれています。

救急写真

地域の施設として

小さな子どもにも救急医療に触れてもらうために救急車の展覧も行っています。近年問題になっている救急車の不適切利用が軽減されるように時間をかけて生命の尊さを伝えています。
そして救急車の赤い光を見たときには「がんばって」と心で願えるようにと子供たちにメッセージを送っています。

医師紹介
澤村 淳 救急科部長
澤村 淳
専門領域 救急医学、集中治療医学、脳神経外科学
認定医・専門医 日本救急医学会専門医・指導医・評議員
日本集中治療医学会専門医・評議員
日本麻酔科学会認定医・麻酔科標榜医
日本脳神経外科学会専門医・評議員
日本脳卒中学会専門医
日本DMAT退院登録・統括DMAT
UDME(国立大学病院災害管理技能者)
第三級陸上特殊無線技士
原子力災害時医療中核人材研修修了
このページのトップへ